産後の女性の薄毛が進行した時はどの科に相談すればいいの?

出産した3か月後から、抜け毛が多くなったと感じる方が多いようです。抜け毛の量に個人差はあるものの、これらは、産後脱毛症・分娩脱毛症とも呼ばれ、約70%のママが経験している、自然現象なのです。

理由は、妊娠・出産によるホルモンの変化です。妊娠で増えていたプロゲステロンとエストロゲンという女性ホルモンは、産後に急激に減少しはじめます。エストロゲンには毛髪を促す作用もあるため、産後の減少と共に、髪が抜け落ちてしまうという仕組みです。多くの方が、生理が再開する頃の産後半年~1年には落ち着く言われています。

ところが、いつまで経っても脱毛が止まらず、薄毛が進行している場合は、どの科に相談していいのか迷いますよね。きっかけが産後の脱毛でも、その後の生活スタイルや精神状態で脱毛を続行させている可能性もあり、その原因により受診する科が変わってきます。

産後1年経っても生理が戻らず、女性ホルモンが正常に戻らない等であれば婦人科を、頭皮が痒い、腫れている、フケが出る脂漏性湿疹などの頭皮環境トラブルでしたら皮膚科が一般的と言われています。また、最近では「女性の薄毛外来」を目的としたクリニックも開設されており、発毛に焦点を当て、アプローチしていく治療もあるようです。また、育児ストレスの場合も考えられますので、心療内科でカウンセリングを受けたり、休養を取る、ママだけの時間を作るなど、周囲の力を借りてみましょう。

SNSでもご購読できます。