女性の薄毛はホルモンバランスが原因?適切なケアをしよう

髪にコシやハリがなくなってヘアスタイルが決まらない、髪のボリュームがなくなったなど、女性の薄毛に悩む人が増えてきます。
女性の薄毛の原因は様々で、常に髪の毛を縛っていることで引っ張られている生え際が薄くなったり、ヘアケア製品が原因による頭皮トラブルなどがあげられます。
しかし産後や更年期にはホルモンバランスが原因の薄毛が増えてきます。
女性ホルモンの一つであるエストロゲンは女性らしさを形成するホルモンで、毛髪を発達させ成長を持続する働きを持っています。
産後の薄毛は一時的なもので、ホルモンバランスが整えば改善されますが、更年期のホルモンバランスの乱れは適切なケアをしなくてはなりません。
個人差があるものの女性は40代後半になると更年期には入ります。
この時期は女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少してしまうため、髪のコシがなくなり抜け毛げ増えてしまいます。
加齢によるエストロゲンの減少を引き止めることは難しいですが、緩やかにすることは努力することで可能です。
ホルモンバランスを整えるためには、規則正しい生活や栄養バランスの取れた食事、質の良い睡眠が大切になります。
特に食事は大切です。
減少してしまうエストロゲンの働きを補ってくれるイソフラボンが含まれた大豆製品を積極的に摂るようにしましょう。
また血行をよくするための唐辛子に含まれるカプサイシンも育毛効果がある食材として注目されています。

SNSでもご購読できます。