女性の薄毛はストレスが原因の抜け毛

男性の場合はAGAと言って悪玉の男性ホルモンであるジビドロテストステロンが原因である場合が多いです。最近は女性でもストレスが原因で悪玉の男性ホルモンが増加し、相対的に女性ホルモンが減少し、結果抜け毛が増えるという状況があります。また仮に女性の薄毛の原因がストレスであったとしても、それがAGAかはわからないということもあります。血流のに問題が生じたといった場合もあり、これはホルモンバランスも含めて病院で検査する必要があります。
男性の場合はストレスが原因であったとしても、それが原因でジビドロテストステロンが増加して薄毛になったというケースがほとんどですが、女性の場合はきっかけがストレスであったとしても、それがどう薄毛に結びついたかがわからないという場合が多いのです。これを特定しないことには対策が行えません。市販で女性の薄毛用の薬品が売っていますが、だいたいは血流を促進するものや、女性ホルモンの分泌を促すものです。どれを使うのが正解かもわからないので、とりあえず病院で検査してもらうことをおすすめします。市販の薬品であっても副作用がまったくないわけではないですし、間違った薬品を使用するのは損しかないです。

SNSでもご購読できます。